眼瞼下垂について

眼瞼下垂の概要と症状と治療方法

眼瞼下垂は眼瞼挙筋という筋肉を動かす動眼神経が異常を起こして瞼が上がりにくい状態の事を指します。
この症状は先天性と後天性の2種類によって構成されており、先天性では眼瞼挙筋が不完全である事から形成不全を起こしてしまう特徴を持ち、片目性に見られる場合もあれば両目性の場合もあるといったケースによって様々な対象であり、先天性は遺伝性を持っている点が先天性の特徴があります。
後天性のケースでは、加齢に比例して眼瞼下垂を起こす場合があり、原因としては加齢による眼瞼挙筋が劣化する事が原因であると言われており、老化以外では成人が発症する事があります。
青年が発症する要因には重症筋無力症という病気の他には脳梗塞、脳動脈瘤によって引き起こされます。
治療するにあたって先天性のケースは眼科による手術によって治療するケースが多いです。
後天性の場合では薬物療法によって治療する事があり、病気の症状が軽い場合では自然回復を待つ事が治療方法になります。

Copyright© 眼瞼下垂 All Rights Reserved.

眼瞼下垂の概要と症状と治療方法
眼瞼下垂